アーモンドオイルの使い方!顔・肌・シミへの効果&ケアの順番・手順

その名の通り、アーモンドから抽出されたアーモンドオイルは、美容や健康を意識する人にとっては比較的知名度が高いものの、一般的にはあまり知られていない種類のオイル。

自然由来のオイルを使いたい!と思っても、どのオイルが良いのか選べないという人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたのために今回は、アーモンドオイルの顔や肌への効果をわかり易くまとめてみました!

アーモンドオイルの顔への使い方やその順番クレンジングのやり方についてもまとめておきましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

アーモンドオイルの顔(肌)への効果!シミにも効く?

まずは、アーモンドオイルの顔や肌への効果についてまとめてみました。

これからアーモンドオイルを使ってみようかと考えている人は特に、しっかりとチェックしてみてくださいね。

 

エモリエント効果

お肌をやわらかくほぐして、栄養成分の浸透をサポートし、それらを留めるようなはたらきをエモリエント効果といいます。

アーモンドオイルにはこの効果が期待でき、お肌のケアにおいてとても重要なポイントをおさえています。

この効果があるとないとでは、どんな栄養素が豊富であっても大きく吸収率が変わってきます。

 

アンチエイジング効果

抗酸化作用で同じみのアンチエイジング効果ですが、要は若々しく保ってくれるようなはたらきのことです。

具体的にはシミしわを予防したり、皮膚のターンオーバー(お肌の生まれ変わる周期)を促進したりすることで、ハリのある若々しいお肌を作るお手伝いをしてくれます。

 

炎症予防・改善効果

アーモンドオイルには、炎症を予防・改善する効果も備わっていて、さまざまな種類の炎症に効果を発揮します。

ニキビ吹き出物・日焼けあとの炎症などにも効果があるので、お肌トラブルのケアとしても使用してみてください。

ただし火傷(ヤケド)や虫さされなどが原因の炎症については、オイルの塗布で悪化してしまうこともあるので、勘違いのないよう十分に注意してくださいね。

 

美肌効果

アンチエイジング効果だけではなく、美肌効果も期待できるのがアーモンドオイルのスゴイところです。

豊富な栄養素をもつだけでなく、その栄養素を浸潤させる効果も高いのがこのオイルの特徴で、さきほど紹介したエモリエント効果もあります。

美しい肌をキープしたいのであれば、アーモンドオイルを試してみる価値ありですね。

 

高保湿効果

オイルなだけに保湿効果が高いことは当たり前なのですが、その中でも、軽いテクスチャと反比例して保湿効果が特別高いという特徴もあります。

そのため、乾燥を原因とした肌荒れやかゆみなどの予防や改善にもつながり、女性憧れのしっとりとしたもち肌も夢じゃないかもしれませんよ。

 

美白効果

なんとアーモンドオイルには、美白効果も期待できてしまうのです。

これはアーモンドオイルがメラニンを減らすはたらきをするからで、お肌のトーンを明るくするだけではなく、シミの改善や予防としても有効だと言われています。

すぐに効果が出るというものではありませんが、じわじわとメラニン撃退していってくれるということです。

 

アーモンドオイル!顔への使い方と順番

たくさんの効果がうれしいアーモンドオイルですが、顔への使い方や使う順番を知らないと、せっかくの効果を発揮することができません。

そこで使い方や順番について簡単にまとめておきましたので、使用する際の参考にしてみてくださいね。

 

マッサージオイルとして

種類は違えどオイルですので、マッサージオイルとして使うこともできます。

全体になじませるように円を描く動きを意識して、浸透させるようにマッサージしてください。

とくに目元を重点的にすることで、目の下のクマや目元のシワなどに効果的です。

ほうれい線が気になる場合には、頬をリフトアップするようなマッサージを取り入れてみてくださいね。

ちなみにこのマッサージオイルとしての使用法は、普段のスキンケアの最後に持ってくることで、効果が最も高まりますので覚えておきましょう。

 

クレンジングオイルとして

さらに、低刺激のクレンジングオイルとしても使用することができます。

方法は後ほど詳しく説明していきますので、ぜひチェックしておいてください。

 

入浴剤として

水と油は混ざりませんが、浴槽にオイルをたらして入浴するのもおすすめです。

顔に限らずお肌が全体的にしっとりとしますが、入れすぎるとベタベタしてしまうので気をつけてくださいね。

 

スキンケアの一環として

アーモンドオイルはスキンケアの一環として使うこともできますが、その使い方は肌質によって多少違ってきます。

簡単にジャンルわけしながら解説していきますので、微調整は使用感や好みでアレンジしてみてくださいね。

 

乾燥肌の場合

皮脂が少なかったり乾燥しやすいタイプの人は、化粧水にアーモンドオイルを数滴混ぜる方法がおすすめです。

さらにスキンケアの最後に1滴を顔全体になじませておくことで、化粧水とともに栄養を浸潤させて、最後の1滴でそれらが逃げてしまうのを防ぐことができます。

 

べたつきやすい場合

べたつきが気になる場合には、あまり多用しすぎてしまうとかえって不快感のもとになってしまいます。

この場合には、乳液がわりにオイルを使うのが正解で、1滴を化粧水後に全体になじませておくくらいでOKです。

さらに気になる場合には、ティッシュオフしてあげることで、使用感が気になりにくくなりますよ。

 

オススメの使い方

個人的にオススメなのは、ブースターとしてアーモンドオイルを使う方法です。

まずは洗顔をした後に、1~2滴を全体になじませてから化粧水を塗ります。

その後更にオイルを1滴まぜた化粧水を塗布し、乳液のかわりに保湿させます。

さらに美容液などを重ねてあげれば完璧です。

この手順をとることによって、アーモンドオイルの効果を最大限高めるだけでなく、普段使っている基礎化粧品の効果もUPさせやすくなります。

 

アーモンドオイルでクレンジング!やり方は?

それでは最後に、アーモンドオイルでクレンジングする方法についてまとめていきましょう。

まずは基本のクレンジング方法から説明していきます。

①アイメイクを中心に、2~3滴のアーモンドオイルを手に取り顔全体になじませていく。

アイメイクが濃い場合やウォータープルーフの化粧品が多い場合には、2回手順を繰り返したりオイルの量を増やすことで対応してみてください。

 

②そのまま数分(2~3分を目安に)おいておく。

化粧品によってはもっと短い時間で落とせることもありますが、メイクが浮いてきた感じがあればOKです。

あまり長時間置きすぎるのも良くないので、長くても5分程度までを目安にしておいてくださいね。

 

③ぬるま湯もしくは蒸しタオルなどで落とす

オイルは水だとはじかれてしまいますので、ティッシュオフでもOKです。

ただし、こすらないようにだけは注意しておいてください。

そのあと、べたつきが気になる場合にはしっかりと洗顔する必要がありますが、同時にスキンケアをしない場合には洗顔もなしでOKです。

オイル自体に保湿成分があるので、あまりいじりすぎない方がその効果は高まります。

しかし、そのまま寝てしまうことが続くと皮脂が溜まりやすくなり、ニキビや肌荒れの原因にもなるので注意が必要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アーモンドオイルの、顔やお肌への効果の高さに驚きますよね。

とくに美白効果とアンチエイジング効果が重なることで、必然的な美肌効果も得られるというのはうれしい限りです。

さらに比較的安価で手に入りやすく、保管方法アレルギーにさえ注意しておけばとても使いやすいオイルでもあります。

使い方や手順に若干注意が必要ではありますが、アーモンドオイルを取り入れてみる価値はあるのではないでしょうか?