冷え性で悩む男性が急増中!その原因と対策・改善方法を紹介

冷え性といえば女性に多いイメージですが、男性にも冷え性で悩む人は意外と多いのです。

おそらくこの記事を読んでいるあなたも、冷え性に悩まされている1人ということでしょう。

ここでは男性の冷え性についてまとめています。

男性の冷え性では、主にどんな原因が考えられるのか、どんな対策があるのか。

また、改善方法はどんなものがあるのかなど、男性の冷え性のお悩みを解決していきます。

 

冷え性!男性に考えられる原因とは

原因を知らなければ、対策することも改善することもできません。

以下で自分に当てはまるものをなんとなくチェックしておくと、必要な対策・改善方法が見えてきます。

過度のダイエット

特に過度の食事制限をするダイエット・絶食ダイエットなどは冷え性をまねく原因になります。

こちらは女性にも多い原因の一つです。

あまりにも過度のダイエットは健康にも良くないので、適度な食事制限&運動という健康的なダイエットに切り替えてください。

 

食生活

食事というのは健康の基本で、意外と冷え性につながる原因になり得ます。

たとえば夏野菜は体を冷やす性質を持っていますので、積極的に食べる・偏って食べることで、気づかないうちに冷えてしまうということが多いです。

また、牛乳や砂糖なども体を冷やしますが、比較的料理・飲料に含まれるものも多いので注意が必要。

>身体を冷やす食べ物とは!具体的にどんなもの?その影響は?

冷たい食べ物や飲み物をたくさん摂取するというのも、当然ですが体が冷えやすくなってしまいます。

とくに夏場は炭酸飲料や夏野菜をさっぱりといただきたくなるところですが、気づかないうちに体が冷えている可能性があることは知っておいてください。

 

ストレス

過度のストレスも冷え性の原因になりうるというのはご存知でしたか?

そもそも体が冷えるということがストレスになるのですが、それに加えて仕事や家庭・対人関係・過労など、ストレス社会の現代ではこういった精神的な原因も多くなってきています。

適度なストレスは健康に良いとされていますが、過度のストレスが知らず知らずかかっていることもありますので、たまには自分を見つめ直し、心の声に耳を傾けてあげてください。

 

飲酒・喫煙

飲酒・喫煙も体を冷やす原因となります。

飲酒においては、ごく限られたものを温めて飲むことで冷え性を改善するケースもありますが、ほとんどのものが体を冷やす原因になってしまいます。

また喫煙は瞬時に体中の血管を締めてしまうので、血行不良が起きて、おどろくほど体が冷えてしまいます。

飲酒・喫煙により冷えや体調不良を感じる人・慢性的な習慣になっているような人はとくに注意が必要です。

 

代謝が悪い

代謝が悪いというのも、冷えやすい体にしてしまう原因です。

男性にも女性にも大きな原因になるのが基礎代謝が下がるという現象なのですが、加齢・生活習慣などにより、筋肉量の低下が起きることなどで基礎代謝の低下が起こります。

代謝が悪くなると体温が低下しやすくなるので、基礎代謝を上げる努力が必要になってきます。

 

血行不良

冷えの主たる原因として挙げられるのが血行不良で、血流が悪くなることで、冷えだけではなくさまざまな病気の原因にもなり得ます。

血行不良の原因としては、上でも触れたように薄着・ストレス・基礎代謝の低下などが挙げられます。

 

服装

先ほども触れましたが、薄着や家の中で裸ですごすような習慣がある人は、そうでない人より冷え症になりやすいです。

なまじ冷えに強くなるがゆえに気づきにくいという悪い面もあるので、そのときに適した服装を心がけてください。

 

環境

空調の整った部屋にばかりいるというのも、冷えを引き起こす原因となります。

体温調節の機能が未熟になってしまい、冷えていることを察知しずらくなってしまったり、体温を上げることができなくなってしまうという症状に陥ります。

 

冷え性!男性にはどんな対策が?

続いては、男性の冷え性ではどんな対策をしたら良いのかについて見ていきましょう。

とくに先ほどの原因の中で、自分はこれかも?と思うものについては、その対策からはじめてみると良いですよ。

適度な運動をする

男性の冷え性に最もおすすめなのが適度な運動で、筋肉量を上げて基礎代謝をアップさせるだけではなく、そもそも運動自体が体温を上げてくれる・血流を良くする効果があるのです。

ウォーキングや軽い筋トレ・スクワット・ストレッチなど、生活スタイルなどに合わせて少しでも運動する習慣を身に着けると良いでしょう。

 

冷暖房は最小限に

暑かったり寒かったりすると、ついつい空調に頼りっぱなしになってしまいますが、できるだけ使わないようにする・温度を上げ下げしすぎないようにすることで、少し緩和することができます。

部屋がある程度冷えてきたら扇風機に切り替えたり、こもりっぱなしにならずに、適度に外に出るなどの対策がおすすめですよ。

 

食生活の改善

体を冷やす食べ物や甘いものは体を冷やすので、根菜や温かいものを中心に食生活を見直して行きましょう。

とくに味噌汁や豚汁は栄養満点で温かく、塩分があるので体を温めやすくしてくれますよ。

>身体を温める食べ物とは!特徴や効果・食べるタイミングも紹介

 

お通じの改善

便秘がちになるということは、すなわち内蔵が不健康・あまり活発でないということで、ひいては内臓が冷えていることが多いです。

そのためお通じを良くすることで代謝も良くなりますし、血流改善も期待することができますよ。

マッサージや食生活・どうしても便秘がちな場合は、薬などを使ってできるだけ内臓を動かしてあげましょう。

 

喫煙・飲酒を控える

さきほど説明したように、喫煙や飲酒は冷え性にはNGです。

どうしてもの場合は仕方ないとして、できるだけ控えておくにこしたことはありません。

ホット赤ワイン熱燗は体を温めるので、飲酒の際はそういったものを選ぶと良いでしょう。

もちろん適量にしておいてくださいね。

 

浴槽につかる

男性にありがちなのが、シャワーだけで入浴を済ませてしまったり、体が温まる前に浴槽から出てしまうことです。

お風呂にはリラックス効果や体温上昇効果もありますから、ちょっと熱いくらいのお湯に10分~15分程度で良いので浸かる習慣をつけましょう。

 

デスクワークは根をつめない

デスクワークはとくに足の血流を悪くしてしまうのですが、男性の冷え性ではこれが原因の下半身冷え性というものが目立ちます。

どうしてもデスクワークなどで座りっぱなし・立ちっぱなしになりやすい人は、合間に体を伸ばしたり適度に休憩をするなどして対策していきましょう。

 

温かい服装

冷えの対策としては、やはり温かい服装を心がけることが大事です。

男性の場合は少ないかもしれませんが、例えば露出を減らすことも一つですし、靴下を履くだけでもずいぶんと保温効果が変わってきます。

とくに足元からの冷えというのは影響が大きいので、自宅の床にも気を配るようにしてくださいね。

 

リラックス

先ほども少し触れましたが、リラックス・ストレス発散というのは冷え改善においてポイントです。

これは女性も男性も変わりませんが、自分自身のリラックス方法やストレス発散方法を見つけておきましょう。

ストレス・緊張は体を強張らせてしまいますので、冷え性に限らずあまり良いことではありません。

 

男性にオススメ!冷え性改善方法とは

最後に男性にオススメの冷え性改善方法ベスト3を紹介しておきます。

もちろん個人差はありますが、取り入れられる範囲でぜひ試してみてくださいね。

第1位 運動

やはり男性には運動による冷え性改善がおすすめです。

女性と違って筋肉のつきやすい男性だからこそ、運動習慣を身に着けることで、健康な体をキープすることができます。

最初は毎日10回のスクワットなど、軽いものからでもOKなので、毎日続けることが大事ですよ。

 

第2位 ツボ押し

足の裏の土踏まずの上の「人」のような形のシワの交わる点にある「湧泉」(ゆうせん)というツボには、血行を良くする効果があります。

ちょっと痛気持ち良いくらいの刺激を繰り返すと効果が出やすいので、ぜひ試してみてください。

他にも部位に特化したツボもたくさんありますので、案外ハマってしまうかもしれませんよ。

 

第3位 防寒対策

男性はあまり防寒しない人が多いのですが、最近では足の冷えない靴下下着・カイロなど、あまり見た目に分からない便利な防寒グッズもたくさんあります。

冬場だけではなく、夏場のオフィスなどでも役立ちますので、チェックしてみてくださいね。

 

男性の冷え性まとめ

冷え性は女性のトラブルと思われがちですが、実は男性の冷え性というのは女性の冷え性より深刻なものであるとも言われています。

たかが”冷え”とも思いがちですが、冷えは身体に悪い影響を及ぼしますし、病気に繋がっていくことも十分に考えられます。

気づきにくいというのも男性の冷え性の落とし穴なので、たいしたことない・大丈夫だと軽視せずに、早い段階でしっかりと対策していきましょう。