椿オイルの顔への効果がスゴイ!クレンジングにも日焼け止めにも良し

美容は女性にとってダイエット同様永遠のテーマですが、近頃注目が集まってきているのがオイルによる美容法ですよね。

今回はその中でも椿オイルをピックUPしてみました。

椿オイルというと”髪によし”というイメージの方が多いかと思いますが、実は顔のケアにも有効なのです。

ここでは、椿オイルを顔のケアに使う場合どのように使用するのか、また、顔に使った場合どんな効果が得られるのか?という疑問にお答えしていきます。

椿オイルをクレンジングとして使う方法や、日焼け止め効果についても紹介しています。意外な効果に驚きますよ♪

 

椿オイル!顔への使い方とその効果

まずは椿オイルの顔への使い方と効果について見ていきましょう。

それぞれ紹介していきますので、しっかり確認しておいてくださいね。

椿オイルの顔への使い方

オイルパックとして使う

ひとつめはオイルパックとして使う方法で、お肌のもちもち感を格段にUPしてくれます。

使い方は簡単♪乾いた手に椿オイルを数滴とり、顔全体に乗せて5~10分程度置いておきます。

しっかりなじんできたところで、余分なオイルをティッシュでオフしておしまいです。

場合によっては、蒸しタオルなどを当てておくとより毛穴の奥までオイルが浸透してくれます。

またそれ以外にも、普段使っているパックに椿オイルをなじませて使ったりする方法もあります。

とくにべたつきが強くないオイルではありますが、それでも気になる場合は後者の使い方をおすすめします。

 

乾燥予防・改善として使う

椿オイルの保湿能力は非常に高く、とくに乾燥している部位のケアや乾燥を予防するという使い方もできます。

方法としては実にシンプルで、気になる部位にさっと塗っておくだけでOKです。

その際、やはりテカリが出てしまいますので、化粧をした後よりは前のほうが良いでしょう。

冬場はとくに乾燥しやすい時期でもありますので、ちょっとでもかさつきやヒリヒリを感じたら、椿オイルをさっと塗っておくと良いですよ。

 

マッサージオイルとして使う

”むくみ”や”たるみ”などを気にしている方なら、毎日フェイスマッサージをしているという人もいるでしょう。

その際に、椿オイルをマッサージオイルとして使うこともできます。

比較的べたつきの少ない種類のオイルですし、香りも良いのでとくに女性にはおすすめです。

 

毛穴のケアとして使う

小鼻の角栓などのケアとしても椿オイルは使えます。

円を描くようにゆっくりと馴染ませて、ぽろぽろと汚れや角栓が取れてきたらOKです。

ティッシュオフでも良いですし、気になる場合は洗顔しても良いですよ。

 

基礎化粧品として使う

化粧水や乳液などに椿オイルを混ぜて使ったり、洗顔したあとそれらの前に椿オイルを使うという方法もあります。

いずれの場合もつけすぎには注意で、とくに混ぜる場合には1滴から様子見するようにしてくださいね。

 

椿オイルの顔への効果

保湿効果

オイルといえば保湿効果が高いことが特徴ですよね。

中でも椿オイルは、元々人間の皮脂と似た成分であるオレイン酸が豊富なため、できるだけ自然な形で保湿することができるのです。

 

アンチエイジング効果

抗酸化作用のある椿オイルには、アンチエイジング効果もあります。

健康でハリやツヤのあるお肌をキープしやすくなるので、ぜひその効果を実感してみてください。

 

にきびや吹き出物の予防・改善

椿オイルに含まれるサポニンという成分には、殺菌作用があります。

そのため、にきびや吹き出物をできにくくしたり、出来てしまったものの治りを早くするような効果が期待できます。

 

お肌をやわらかくする効果

椿オイルに限ったことではないですが、美容効果のあるオイルは、浸透させることでお肌をやわらかくする効果があります。

ただし椿オイルは日本を原産とするオイルなので、日本人の肌によりなじみやすいものでもあります。

美容オイルも色々ありますが、肌により合いやすい方がリスクも少ないですし、香りの面でも苦にならないことが多いです。

触ってみたり、化粧をしてみると椿オイルのパワーを実感しやすいので、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

椿オイルでのクレンジング方法

様々な効果を期待できる椿オイルは、実はクレンジングとして使うこともできます。

具体的な使い方がきまっているわけではないですが、ひとつ簡単な方法を紹介しておきますね。

1:椿オイルを乾いた手にとる

手がぬれているとクレンジングとしての機能が損なわれてしまうので注意してください。

 

 

2:アイメイクを中心に円を描くようにやさしく撫でる

落ちにくいアイメイクからはじめて、顔の外側にずらしていってください。

指の腹で円を描くように回しながら優しく撫でるように落としていくことで、肌への負担をかけずにクレンジングすることができます。

 

3:洗顔してメイク汚れを落とす

洗顔といっても泡を使って落とす必要はありません。

ぬるま湯で顔を洗うだけでも十分なのですが、もし一度リセットした状態からケアしたいという場合には、洗顔フォームを使って油分も落としておくと良いでしょう。

 

4:タオルで優しく押し付けるようにドライする

タオルでゴシゴシ拭いてしまっては、せっかくダメージを軽減した意味がなくなってしまいます。

清潔なタオルで軽くぽんぽんと水分を吸収させるようにドライしていきましょう。

 

椿オイルは日焼け止め効果もあり?使い方は?

オイルといえば、日焼けを促進するようなイメージが強いですが、椿オイルは違います!

椿オイルには日焼け止めの効果があるだけではなく、日焼けのケア日焼けによるシミやシワ・そばかす・たるみなどの予防の効果もある優れものなのです。

日焼けのメカニズムと椿オイルの関係

実は日焼けというのは、2種類の紫外線にあたることによって起こります。

それぞれ痕として残るものが異なるのですが、基本的に紫外線が当たってメラニン色素が生成され、それが定着するというのは同じです。

日常生活よりも、海などのアウトドア時のほうが日焼けになる確率が高いと思いますが、これは熱を持つことが日焼けすることと直結しているのが理由です。

お肌が熱いと感じたら、そのときもうすでにメラニンは入りこみはじめているのです。

そのため一刻も早く冷却し、ケアすることで定着を防ぐことができるのですね。

椿オイルは、この2種類の紫外線のうち”UV-B”と呼ばれる、肌の炎症を起こしシミそばかすの原因となる紫外線からお肌をガードしてくれます。

また日焼けしやすいお肌の状態として“乾燥”が挙げられるのですが、それも椿オイルは防いでくれます。

日焼け止めとして事前にも保湿ケアができるうえに、日焼けしたあとも保湿ケアしてくれて二重にケアすることができるんですよ。

 

椿オイルを日焼け止めとして使う方法

椿オイル自体にも日焼け止めの効果はありますが、やはり市販の日焼け止めと比べると効果としては劣ってしまいます。

そこでポイントなのが、日焼け止めの下地として椿オイルを使う方法です。

顔だけでなく全身に使える方法ですが、椿オイルを塗ったあとに日焼け止めを塗っておくことで、日焼け止めからのダメージも防ぐことができます。

日焼け止めによるお肌へのダメージは意外と大きいもので、中には肌に合わずに炎症を起こしたり乾燥してしまったりすることもあります。

椿オイルはそれを予防するだけでなく、日焼け止めとしての効果を増幅させることができますし、そもそもお肌に良い成分を入れることもできます。

まさに一石二鳥!椿オイルを土台にして日焼け止めやスキンケア→お化粧をすると良いですね♪

 

まとめ

いかがでしたか?髪だけだと思っていた”椿オイル”の意外な効果に驚いたのでは?

顔(肌)への使い方・効果をまとめるとこんな感じでした。

  • 椿オイルはお肌を若々しく、美しく、健康的に保つ効果がある
  • そのままでクレンジングオイルとしても使える
  • 日焼け止めと併用することで、その効果を遺憾なく発揮できる
最近では、アルガンオイルやホホバオイルなどなど、オイルを使った美容が流行しています。

私もアルガンオイルを愛用しているのですが、これを機に椿オイルも取り入れてみようと思います。

椿オイルの方が、アルガンオイルよりもコスパが良いので♪