腰痛の原因【女性の場合】内臓やホルモンが関係?左側・右側の違いも

最近、腰が痛むことが多い…

とくに酷使したり痛めた記憶もないのになぜ?と不安になることありませんか?

【腰痛=筋肉による原因】を思い浮かべがちなのですが、実はそうではない場合もあるということをご存知でしょうか。

長く続いたり頻繁に起こるその腰痛の原因、女性ならではの理由がある可能性があります。

内臓やホルモンが原因という場合も。

あなたの腰痛は、左側・右側どちらの痛みでしょうか?

ちょっとドキッとした方は、ぜひチェックしてみてください。

 

腰痛の原因!女性に多いのは?内臓やホルモンの関係かも

腰痛は、男性より女性のほうが感じやすいというのはご存知ですか?

痛みを強く感じるとかそういう意味ではなく、腰痛になる女性特有の原因があるからなのです。

ただただ腰を痛めたわけではない原因について、きちんと知識をもっておきましょう。

女性の腰痛はただ腰を痛める以外に主に3つの原因がありますので、それぞれ紹介していきます。

 

子宮など内臓が原因の腰痛

まさに、女性にしかない子宮や卵巣などの内臓が原因で、腰痛が起こる場合があります。

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 卵巣のう腫
  • 子宮下垂(子宮脱)

などが挙げられますが、それぞれそんなものか簡単に見ていきましょう。

 

《子宮筋腫》

女性特有の病気として最も数が多いのがこの子宮筋腫です。

なかなか筋腫に気付きにくく、生理時の出血量が

  • 異常に多い
  • 期間がやたら長い
  • 貧血や動悸息切れがある

などの症状があります。

 

《子宮内膜症》

近年急激に患者数が増えているのが子宮内膜症です。

簡単に言えば、子宮内膜が炎症を起こして、

ほかの臓器・器官と癒着してしまい、痛みや出血・頭痛などを引き起こします。

 

《卵巣のう腫》

卵巣に良性の腫瘍(のう腫)ができる病気です。

小さなものから肥大化してこぶしよりも大きくなることもあり、痛みや不妊症を引き起こします。

 

《子宮下垂(子宮脱)》

名前の通り、子宮の靭帯が緩むことで子宮が下がってくることをいいます。

下腹部痛や頻尿といった症状からはじまり、

夜になると(起きてから時間がたつごとに)症状が悪化していく傾向にあります。

膣から子宮が出ると、子宮下垂から子宮脱という病状に変わります。

 

身体・生活習慣が原因の腰痛

女性特有の身体的特徴や生活習慣から生じる腰痛もあります。

それぞれ簡単にまとめておいたのでチェックしてみましょう。

 

《身体的特徴》

男性に比べて骨盤がゆがみやすい筋力が低いなどの身体的特徴により、腰痛が起こりやすくなります。

子宮・卵巣など男性よりも臓器が多く、圧迫しやすい・負担がかかりやすいというのも同様です。

同じように妊娠・出産などで腰痛を引き起こしやすくなる。

これは、妊娠中に腰を突き出した姿勢をとらなければならないことなどが原因だそうです。

また、冷えや便秘が引き金となって腰に負担をかけることもあるので、女性のほうが腰痛になりやすい理由としては、このような身体的特徴も含まれることを覚えておきましょう。

 

《生活習慣》

生活習慣とひとまとめにしても、その原因は多岐にわたりますが、とくに女性特有といえば子育てやハイヒールによる負担です。

子供を抱きながら家事をしたり、キャパシティを超える荷物を持たなければならなかったり、何往復も自宅と車を行き来したりと、家事育児には想像以上の負担がかかるものです。

子供のいない女性であっても、ハイヒールは腰への負担が大きく、そこから腰痛を引き起こす場合があります。

ほかには、女性に限ったことではないですが、以下のような原因も考えられます。

  • 寝具が合っていない
  • バッグなどで片側にだけ負担がかかる
  • デスクワークが多い

 

女性ホルモンを原因とする腰痛

女性ホルモンの乱れや衰えにより、更年期障害を引き起こしたり、

骨密度が低下する・骨粗しょう症になりやすいなどといった理由もあります。

妊娠初期にも腰痛を感じることがあるので覚えておきましょう。

 

腰痛の原因!左側と右側ではどんな違いが?

腰痛が左右どちらかに出ているという場合、右か左かである程度原因の特定に繋がる場合があります。

まず左右どちらであるかに関わらず片側だけが痛いという場合、骨盤のゆがみや子宮・卵巣の異常の可能性があります。

とくに卵巣の場合には、どちらに異常があるかが分かる1つの手がかりになるんです。

以下、それ以外の左右どちらかの痛みで絞れる原因を分かりやすくまとめておきます。

あくまで良くある原因を挙げているだけなので、必ずそうではないですが、参考にしてみてくださいね。

《右側だけが痛い場合》

  • 肝臓の異常
  • すい臓の異常
  • 虫垂炎
  • 右の腎臓の異常など

 

《左側だけが痛い場合》

  • 胃の異常
  • 膀胱の異常
  • 左の腎臓の異常
  • ひ臓の異常など

 

《左右どちらかが痛い場合》

  • 骨盤のゆがみ
  • 卵巣の異常
  • 仙腸関節炎など

 

腰痛は何科にいくべき?症状別に

さて最後に、腰痛は何科に行くべきなのかを説明しておきますね。

腰痛で受診をおすすめするのは“産婦人科”“整形外科”です。

もちろん整体や接骨院などでも良いのですが、痛めた覚えのない今回のような腰痛の場合、一時的な緩和にはなっても原因を特定しない限り慢性化することがほとんどです。

症状によってどちらをまず受診すべきか紹介しておきます。

《産婦人科》

以下のような場合にはまず産婦人科からたずねてみてください。

  • 生理のたびに腰痛がある、どんどん酷くなる
  • 骨盤や下腹部にも痛みがある
  • 不正出血がある
  • 性交時に痛みや出血がある
  • 子宮あたりに違和感がある 

など

 

《整形外科》

  • 激痛がある
  • 頻繁に骨が鳴る
  • 3ヶ月以上痛みが続いている

いずれにも当てはまらないような場合には、【整形外科→産婦人科→内科】という順番がおすすめです。

いずれかの診察の過程で「○○科を受診してみると良い」といわれる場合もあるので、そのときは医師の指示に従ってくださいね。

 

腰痛はガンのサインの場合も

女性の腰痛には思った以上の危険性が潜んでいることがお分かりいただけたと思います。

最悪の場合、ガンのサインであることもあるので、放っておきすぎないようにしてくださいね。

まずは

  • いつどこに痛みがあるのか
  • どのくらいの痛みで変化はあるのか
  • 心当たりがあるかどうか

などを踏まえて、受診する科を決めてみてください。

もし何かの病気なら…と考えると、怖くて受診の機会の逃しがちな私ですが、今回知った知識をもとに、早期発見の重要性を改めて認識しましたので、まずは受診しておく習慣が大切かもしれない!と思い直した次第です<(_ _)>