花のサブスクの上手な選び方!コスパや価格帯や花の鮮度、配達周期など

花のサブスクの上手な選び方!コスパや価格帯や花の鮮度、配達周期など サブスクリプション

殺伐としがちな心に癒しを与えてくれるのが花。飾ってあるだけでお部屋が華やかになり、気持ちもホッとしますよね。

花を飾ることに興味はあっても、「お花屋さんに行くのが面倒」「どうやって選べば良いのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。そんな方にぴったりなのが、最近人気急上昇中の花のサブスクです!

初心者の方のために、上手な選び方を4つのポイントごとに解説していきます。これから花のサブスクの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

花のサブスクってどんなもの?

一定期間ごとに自宅に花を配達。不在の場合でもポストに投函してくれるサービスもあるので、多忙な方も安心して利用することができます。

自宅で楽しむのはもちろんのことギフト対応しているサブスクもあり、贈り物としても◎!

コロナ禍で家族や友人に会いにくい状況ですが、花のギフトで癒しをプレゼントするのも良いですね。

スポンサーリンク

花のサブスクを選ぶ時のポイント4つ

お花のサブスクと言ってもさまざまなサービスが展開されています。中には普通に店舗で買った方がいいんじゃない…?と思うようなサービスも…。

そこで、選ぶ時のポイントをまとめてみました!

価格帯、コストパフォーマンス

花のサブスクの価格帯は、500円~2000円程度です。

現在最も安いサブスクは「Bloomee LIFE 」で、500円から利用することができます。送料は250円かかりますが、ワンコインで始められるサービスは他にありません。

10万フォロワー達成で、インスタでも人気!

花のサブスクを初めて利用する方、少量の花が届けば満足という方は、まずお試しで利用してみても良いかも。しかし花のボリューム感を求める方には正直物足りないので、質と価格どちらを重視するかによってニーズにあったサブスクを選ぶようにしましょう。

花の鮮度

届いた花がしおれていたり、枯れていたらがっかりしてしまいますよね。せっかくなら新鮮で元気なお花を飾りたいところ。

なるべく新鮮な花を届けて欲しい!という場合は、花の鮮度にこだわっているサブスクを選びましょう。

中でも「ma fleu」は、花の仲卸業者から直接仕入れるため鮮度が高いのが特長。利用料金は1,980円と少しお高めですが、高品質の花を求める方にはおすすめです。

店舗に直接取りに行くサブスクもあります。「ハナノヒ」は、大手花屋の日比谷花壇が運営しています。プランの申し込みや支払いはアプリで行い、直接店舗に行って花を選ぶという流れになります。

自宅の近くに日比谷花壇の店舗がなければ利用しにくいですが、自分で新鮮な花を選べるので安心です。店員さんの接客も丁寧と評判なので、花の選び方や分からないことは積極的に質問してみてはいかがでしょうか。

花が枯れていた場合の対応

届いた花が枯れていたり、傷んでいた場合の対応もチェックしておきましょう。

花が届いて傷んでいることに気付いたら、まず写真を撮ります。交換してくれることがほとんどですが、対応の速さや対応方法が異なりますので、事前に公式ホームページや口コミ等をチェックしておくと安心です。

不在時の対応や配送周期

自宅を不在にすることが多い場合は、ポスト投函サービスを行っているサブスクを選ぶと便利です。しっかりと梱包された状態でポストに届けてくれるので、不在の場合でも安心ですね。

ポストに入らないくらいのボリューミーな花束が欲しいという方、ポスト投函は何となく心配という方は、直接受け取りになります。その場合は、配送日時が選べるかどうか確認しておくと安心です。

ほとんどのサブスクで配送周期が選べるようになっています。切り花の寿命は10日間程度と言われているので、配送周期は2週間ごとがおすすめです。

常に花に囲まれた生活を送ることができますよ!

スポンサーリンク

まとめ

暮らしを豊かにしてくれる花を定期的に届けてくれるサブスクは、今女性を中心に人気急上昇中です。

需要が多いのでたくさんのサービスがありますが、ライフスタイルに合ったものを選んで生活を豊かに彩りましょう!

タイトルとURLをコピーしました