香典の相場金額はいくら?香典袋の表書きや袱紗・渡し方などマナーも

お葬式・香典・法事

スポンサードリンク





 

急なことに慌ててしまうことが多い訃報。

悲しいことではありますが、冷静に、そしてマナーをわきまえて故人をおくりたいものです。

お香典もそのマナーの一つですね。

一番悩まれるのがお香典の相場金額かと思います。

一般的な相場とは、いくらくらいなのでしょうか?

これはもちろん、贈る相手によって変わってきますが、あなたの年齢によっても相場は変わってきます。

ここでは、香典の相場金額について、また香典袋の書き方(宗教別)袱紗の包み方・渡し方なども併せて紹介していきます。

 

Sponsored Links




 

お香典の金額!相場はいくら?

まずは以下の表で相場を確認してください。

[table id=11 /]

※上記の金額はあくまでも一般的な相場です。

付き合いの深さや、面識の有無も考慮し、ふさわしい額を割り出してください。

 

昔から『慶事には少なく、弔事には多く』と言われていて、香典の場合は、多めの額を包むのが原則です!!

 

さらには、

『故人が目上の時には薄く、目下の時には厚く』

『故人が一家の長や、その伴侶の時には多めに、子供や老人の時には少なめに』

とも言われていますので、参考にされてくださいね。

 

香典袋の表書きの書き方は?

香典の表書きは、下記の3つが一般的で、すべて薄墨で書きます。

 

「御香典」

「御香料」

「御霊前」

 

ですが、厄介なことに、この表書きは宗教によって異なってきます。

上に紹介した3つは、仏教・仏式の場合です。

 

キリスト教の場合は、「御霊前」・「御花料」。

神式の場合は、「御神前」・「御玉串料」・「御榊料」になります。

 

まず訃報の一方を聞いた際に、先方の宗教を確認すべきなのですが、慌てていて聞き忘れた!ということも少なからずあるかと思います。

スポンサードリンク

その場合は、どんな宗教でも使える表書き『御霊前』を使われると良いでしょう。

お通夜でもお葬式でもどちらでも使えますし、これなら、失礼もなく安心です。

 

ちなみに、不祝儀袋・香典袋も色々と種類があります。

先方の宗教がわかっている際には、それに合ったものを購入しましょう。

 

kouden

 

準備したお香典は、袱紗(ふくさ)に包んで持参するのが大人のマナー。

ふくさが無い時は、黒や白のハンカチでも代用できます。

>袱紗の色!お葬式と結婚式では違う!

 

包み方は以下の通りです。

fukusa

Sponsored Links




 

お香典の渡し方とは

お香典を渡す際も、あたふたせずにスムーズに渡せるとスマートですね。

渡し方

 

受付がある場合

[su_note note_color=”#fbf3d3″ text_color=”#000000″ radius=”5″]

  1. 記帳を済ませる。
  2. 袱紗(ふくさ)から出す。
  3. 袋の向きを受け付けの人に向け、一言添えて差し出す。[/su_note]

一言の例:

「この度はご愁傷様でございました。どうぞ御霊前にお供えください。」

 

受付がない場合

遺族に手渡すか、拝礼の際に御霊前に供える。

 

お通夜・葬儀に参列できない場合

遠方で行けない場合や、やむを得ない事情で行けないこともあるかと思います。

そんな場合は、お香典を郵送することも可能です。

>お香典を現金書留で郵送する方法

 

さいごに

お葬式は故人を送る大切な儀式です。

いい歳の大人としては、失礼は絶対に避けたいところ。

若い頃は、曖昧に乗り切ってきた私も、恥ずかしくないマナーを身につけるべく調べてみました。

お香典の相場には幅がありますが、上の相場を参考にし、あなたなりの気持ちを包むのがベストです。

ご葬儀の礼拝の際には、ぜひ故人への感謝の気持ちを伝えてあげてください。

 

Sponsored Links




コメント

  1. […] ⇒お香典の相場金額・書き方★知らなきゃ恥ずかしい葬式マナー […]

  2. […] >香典の相場金額とは!   […]

タイトルとURLをコピーしました