頭に血が上る感じ!どんな原因が考えられる?頭痛が伴う場合は?

気になる健康のお話し

スポンサードリンク





別に怒ったり興奮しているわけでもないのに、なんだか頭にかぁーっと血が上るようなこの感じ…

最近頻繁に感じるような気がするんだけど大丈夫?と、ちょっと不安になったりしています…私も。

なかなか言葉で上手く表現しづらい、この頭に血が上るような感じの原因ってなんだろう。。

若い時は気にならなかったのですが、やはり歳を重ねると不安になってきました。

脳の異常?高血圧???などなど、怖いですものね。

ということで、ここでは

  • 頭に血がのぼる感じの原因にはどんなことが考えられるのか?
  • 頭痛が伴う場合は危険なの?
  • 症状が出たときにはどうやって対処したら良いの?

というテーマで、私が調べたことをシェアさせていただきます。

 

スポンサードリンク

頭に血が上る感じ!原因はなに?

まず最初に、“頭に血が上る感じ”を経験するときはどんな原因が考えられるのか。

以下にまとめてみました。

 

自律神経の影響

自律神経の影響によって、頭に血がのぼるような感覚におそわれることがあります。

自律神経失調症などの持病をかかえている場合には、この自律神経の影響である可能性が非常に高いと言えそうです。

ホルモンバランスが崩れることによっても起こりやすいですが、毎月生理前に感じるという場合には月経前症候群の可能性もあります。

私はパニック障害の持病があるので、これは多いに当てはまりそうです。

 

過度のストレス

キャパシティをオーバーしたストレスがかかると、この症状に見舞われるというケースが多いようです。

身体的・精神的どちらの影響もあり得ますが、ストレスは上記の自律神経にも強く影響します。

【ストレスがかかる→自律神経が乱れる→頭に血がのぼるような感じがする】…といった具合ですね。

 

血行不良

血流が悪くなることによって脳が酸欠状態になったり、逆に水分不足などにより血行が悪くなると、この感覚に襲われることも。

ほかにも、脳が常に興奮状態になり、無意識のうちに血流や神経などを圧迫してしまうこともあるので注意が必要なのだそう。

脳が常に興奮状態というのは、上の「自律神経の乱れ」にも繋がっていきます。

 

疲れ

疲れからこのような症状を引き起こすという可能性もあるようです。

睡眠不足・栄養不足・身体的疲労などさまざまなはじまりがありますが、いずれも回復できないほどの疲労が蓄積していくことで症状が悪化していくことが多いのだそう。

 

高血圧

はじめて高血圧だと診断された人に多いのが、「頭に血が上るような感覚はあったが高血圧だとは思わなかった」という話です。

風邪だと思った・花粉症だと思った・体が温まっただけだと思ったなど、頭のほうだけ熱を持っているような感覚ということで、この勝手な解釈が一番怖いですよね。

火照っているような感覚もあるという場合には、高血圧の可能性も考えられるということなので、ちょっと注意しておきたいですね。

 

頭に血が上る感じ! 頭痛が伴う場合の原因は?

さて、この頭に血が上る感じに頭痛が引っ付いてきた場合、ちょっと放ってはおけなくなりますよね。

こんなような場合には、どんな理由が考えられるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

偏頭痛

偏頭痛が発症したり、何らかの要因で、偏頭痛と頭に血が上るような感覚が重なったというケースも考えられます。

日頃から偏頭痛が起きる傾向にある人は、それに当てはまるかもしれませんが、片頭痛を突然発症するケースもあるとのこと。

素人判断は恐いので、受診して確認しておきたいものです。

 

水分不足

水分不足の可能性もあります。

この場合には気持ち悪い・倦怠感なども感じることがあるとのことです。

 

高血圧

先ほども紹介したように、高血圧の場合には眠れないほどの頭痛を感じることもあります。

最初は軽い頭痛ですが、数値の異常とともに頭痛の症状もひどくなっていくので、眠れないほどになれば早急に病院に行くべきでしょう。

 

ストレス

受けるストレスだけでなく、引き起こしているストレスも原因になり得ます。

例えばですが、スマホやパソコンを長時間見続けたり、休養のしかたが悪かったり、精神的な不安が重なったりするなどですね。

 

頭に血が上る感じ!対処法は?

原因はなんとなく分かりましたが、そんなときどう対処すれば良いのでしょうか。

自宅で出来る方法と、それでは改善されない場合についてお話していきましょう。

 

自分で出来る方法

水分不足の場合は

常温の水をコップ1杯飲んでみましょう。

それでも全く変わらない場合には、こまめにスポーツドリンクなど、塩分・ミネラルなどの栄養補給も同時にできるものを飲んで、症状がひどくないなら様子見ですね。

 

疲れが原因の場合は

当然ですが、とにかく体を休めましょう。

横になって目をつぶるだけでも良いのです。15分~30分安静にすると症状が落ち着く場合があると言います。

普段からきちんと【その日の疲れはその日のうちに取る】ように意識して、食事を栄養ドリンクやサプリだけでカバーするなどの不摂生は控えなければいけませんね。(←と、自分に言い聞かせる私)

 

ストレスが原因の場合は

ストレスの緩和と言ってしまえば簡単ですが、そんなことが出来るなら苦労もしないですよね。

ストレスを解消するにはリラックスすることが1番ですが、どんなに好きなことや楽しいことをしていても症状が気になる場合には要注意です。

自分がどんな時にストレスを感じるか把握し、一時的に離れてみるというのも得策です。

 

自律神経の影響

規則正しい生活・十分な睡眠・きちんとした食事、当たり前過ぎると感じるかもしれませんが、まずはこの3つです。

基本的な生活習慣の乱れは自律神経の乱れを招きます。

とくに昼夜逆転していたり、タバコやお酒を日常的に嗜む場合にはより注意が必要ですね。

 

血行不良

血行不良の場合には血流を良くする意識が大事です。

お風呂にしっかり浸かったり、ストレッチをする・マッサージをする・軽い運動をするなどして血流を正常に戻していく努力を。

 

それでは改善されない場合

上記の対処法では全く歯が立たない場合や、日常生活に支障が出るほどの症状が出ている場合には、やはり病院にいくべきですね。

とくに目立った症状が他にないようなら、内科を受診してみてください。

 

体からのサインかも

怒ったり興奮しているわけでもないのに頭に血が上るというのは、基本的に体からのSOSサインであることが多いようです。

なんだか最近熱っぽいな~・だるいな~という日が続いたり、頭痛が伴うような場合には、数日中に医師の診察を受けたほうが良いでしょう。

小さな症状であっても、続く場合には異変が起きている証拠です。

侮らずに原因を知って治療していくことが大事ですね。

私が個人的に気になったのは、やはり高血圧・・という文字です。

少し症状が当てはまるので。

以前はどちらかというと低めの血圧だったのですが、最近血圧を測る機会がないので自分の血圧を理解していません。

これってすごく怖いことだなぁ~と感じました。

自分のカラダのこと、普段からしっかりと把握しておくべき歳になったことを実感した次第です。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました