入学式でのママのバッグやコーデ|お祝いの席に合う小物を選ぶポイントをご紹介!

入学式でのママのバッグやコーデ|お祝いの席に合う小物を選ぶポイントをご紹介! ファッション

4月は入園・入学シーズンです。初めて我が子の入学式に参加するママさんは、どんなコーディネートをすれば良いのか迷ってしまいますよね。

特に重要なのがバッグです。いくらセレモニースーツで華やかに装っても、バッグが合っていないとチグハグに見えてしまいます。フォーマルな場に向かないバッグもあるので、式の前に確認しておきたいところです。

ママが入学式に参加する際におすすめのバッグ、選ぶポイント、コーディネートについてもご紹介します!

 

スポンサーリンク

入学式にぴったりなバッグとは?選び方

入学式はフォーマルな場なので、ある程度きちんとした服装・アイテムがTPOに合っています。牛などの本革素材で、コンパクトで上品なデザインのバッグを選ぶと間違いありません。

きちんと感があり品のあるデザインであれば、ナイロンやサテンなど布素材の物でも大丈夫です。黒やネイビー、ベージュなど落ち着いた色味を選びましょう。おめでたい席なので、ゴールドやシルバーなど小さな金具がついているものを選んでも華やかさが増して素敵ですね。

財布やスマホ、筆記用具などたくさん入れるので、コンパクトでもマチが大きめのバッグを選ぶと良いでしょう。

 

何かと持ち物が多く、おみやげや書類を持ち帰ることも多い入学式にはサブバッグを用意しておくのがおすすめです。折りたためるタイプなら、使う時までメインのバッグに入れておけるので便利ですよ。

サブバッグも黒やネイビーなどを選びましょう。想像以上に荷物が多くて持てない!という状態を避けるためにも、サブバッグを用意しておくと安心です。

 

スポンサーリンク

入学式のバッグ選びで注意するポイント

カジュアルな私服を着ている時に使うような、カジュアルなバッグやリュックサックは避けましょう。

また、クロコダイルやパイソンなどの模様が目立つ動物の革でできているもの、ファー素材も避けましょう。派手すぎるだけでなく、フォーマルな場では避けるべき素材とされています。

 

スポンサーリンク

入学式におすすめのバッグを3つご紹介

入学式におすすめのバッグ、それに合うコーディネートをご紹介します!実際に販売されている商品なので、気になった方はぜひリンクを確認してみて下さいね。

 

オン・オフ問わず使える!2wayバッグ

牛革を使用した、使いやすいサイズ感のバッグです。肩掛けできるストラップ付なので、ショルダーバッグにもできます。下の子がいて両手を空けておきたいママや、普段のコーディネートでも使えるバッグを探しているママにおすすめ。

開閉口はファスナーなので、中の物が飛び出さないのも安心ですね。マチが広いので、長財布やスマホもばっちり入ります。

女性らしいワンピースタイプのスーツや、かっちりしたパンツタイプのスーツ、どちらにも合う使い勝手の良いデザインです。

カラーバリエーションは5色展開。どの色も素敵ですが、入学式で使うならオフホワイト、ブラック、ネイビーがおすすめです。

 

慶事にも弔事にも使える万能バッグ

「入学式のためにわざわざバッグを買うのがもったいない」「冠婚葬祭で使いまわせるバッグが欲しい」というママにおすすめなのが、牛革の美しい光沢を活かしたフォーマルバッグ

ゴールドの金具とチェーンがついているので、チェーンをつければ慶事では華やかな印象に。金具は収納することができるので、弔事ではブラックフォーマルとして使用できます。

かっちりした形で丈夫なつくりなので、綺麗目のパンツスーツと相性が良いです。

 

フェミニンなスーツと相性◎リーズナブルな華やかバッグ

ワンピースやスカートのスーツなど、女性らしいコーディネートが好きなママにぴったりのバッグです。

丸みのあるデザイン、シフォン素材とパールの飾りがふんわりとした優しい印象を与えます。コサージュは取り外し可能です。長財布やスマホも入り、収納力抜群。リーズナブルで華やかなバッグを探している方にぴったりです。

ブラックとベージュの2色展開で、どちらも入学式で使える色味です。スーツの色に合わせて選びましょう。

 

おまけ|おすすめサブバッグ

年齢を問わず使えるシンプルなデザインです。開き口のフリルが上品ですね。大き目サイズなので、入学式に持参する書類や、持ち帰りの書類もばっちり入りそう。

光沢を抑えたマットな素材なので、弔事のサブバッグとしても使えます。

 

スポンサーリンク

最後に

入学式の主役はあくまでも子どもですが、TPOをわきまえてママもオシャレを楽しみましょう。

ぜひお気に入りのバッグを見つけて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました