恵方巻きの正しい食べ方とルール!無言で食べる理由は?

節分 節分

立春の前日である「節分」。今年2022年は2月3日木曜日です。

冬と春を分ける日に「邪気を払い福を呼び込むため」豆まきをして邪気の象徴である「鬼」を退治します。豆まきは、小さい時から馴染みのある風習ではないでしょうか。

 

私の家では小さい頃、父親が仕事でまだ帰ってこない時間に豆まきをする際は「鬼は外」禁止令が出ていました。帰ってくる人が鬼になってしまうから、と母親に説明されたのを覚えています。なので、我が家はもっぱら福だけを呼び込んでいました。

幼稚園の時の豆まきも恐怖体験として今でも鮮明に思い出せるほど、幼稚園の先生たちの本気の鬼は本当に恐ろしかったです。少しトラウマ…。

 

さて、節分といえば豆まきと同様にお馴染みなのは、無言で食べる“恵方巻”ですよね。

皆さんは、恵方巻き毎年食べていますか?

今回は、恵方巻の正しい食べ方とルール、そして驚きの恵方巻の由来など調べてみました。

スポンサーリンク

恵方巻きの正しい食べ方とルールは?

恵方を向いて「無言で食べる」「笑って食べる」など様々なルールを目にしますが、恵方巻の正しい食べ方について説明していきます。

最初に、恵方巻きの「恵方」についてですが、歳徳神(としとくじん)という、一年の福徳をつかさどる神様がその年にいる方向を「恵方」と呼ぶのだそうです。

今年2022年の恵方は「北北西」とされています。今はスマホの無料アプリでも方位磁石アプリがあるので、北北西の方角を調べてみてくださいね。

 

恵方巻きと言えば有名な「無言で食べる」は、「縁を切らないため」や「運を逃さないため」が理由なのだそうです。

現在ではコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで、食べやすく切り分けたものも販売されていますが、願掛け好きの方は恵方巻きを無言で食べきってみてはいかがですか。その際、お願い事をするのをお忘れなく。

今年の歳徳神の方向「北北西」を向いてお願い事をしながら食べれば、今年一年、万事大吉です。

スポンサーリンク

恵方巻きとはそもそも何?

関西から始まった風習とされている「恵方巻き」ですが、江戸時代から明治時代にかけては「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれていました。商売繁盛を願った商人や芸子たちが節分に食べていたそうです。

「七福」にかけて7つの食材を入れていました。

ウナギや穴子をメインに、たまご、でんぶ、きゅうり、かんぴょう、しょうが等が一般的な恵方巻き。お店や地域によって具材の種類や数に変動はありますが、7種類の具材を巻いて、食べると福がくるのだそうです。

現在では様々な趣向を凝らした豪華な恵方巻きも各所で見受けられますね。

 

では、この「丸かぶり寿司」が「恵方巻き」という名前になったのはどんなきっかけがあったのでしょうか。

調べてみると「恵方巻き」と名前を付けたのは某全国チェーンのコンビニエンスストアだそう。驚きですよね。

1989年関西出身のオーナーが関西では節分に太巻きを食べる風習があることに目をつけ、「恵方巻き」と名付け節分に太巻きの販売を打ち出してみたところ反響があり瞬く間に全国に広まったのだそう。

「恵方巻き」という名前になってからは意外と歴史が浅いことに驚きました!たしかに私が小さい時はまだ今ほど恵方巻きに馴染みがなかった気がします。

スポンサーリンク

恵方巻きを食べる日や時間帯は?

新しい年は始まったばかり。初詣で引いたおみくじの結果が芳しくなかった方も、諦めるのはまだ早いです!この一年大吉な気持ちで過ごすために節分に恵方巻きを食べるぞ!と意気込んだあなた。私もその一人です。

そんな大吉を求める私たち、恵方巻きの力を存分に発揮させたいので、恵方巻きはいつ食べるのがベストなのか気になりますよね。

調べてみたところ、厳密には「食べる時間」までは決まっていないようです…が、邪気である鬼が来るのは夜、とされているので恵方巻は夜に食べるのが適しているようです。

冬と春とを分ける節分に邪気を払うための豆まきをした後、夜にはぜひ北北西を向いて無言で食べきりましょう。お願い事は決まりましたか?

スポンサーリンク

最後に

最近ではすっかりお馴染みになっていた「恵方巻き」の歴史。江戸時代に始まったものが名前を変え、現在の風習として定着しているなんて面白いですよね。今も昔も日本人は願掛け好きですよね。

今年一年、幸せな気持ちで過ごせるようにみなさんそれぞれの願いを込めて、恵方巻を食べてみてはいかがでしょうか。

ちなみに私は、恵方巻き並びに太巻きが苦手なので、韓国の太巻き「キンパ」を食べる予定です。牛肉やたくあんが入っていてとても美味しいですよ!恵方を向いて食べれば恵方巻きだろう!という発想ですが、きっといいことが起こりそうな気がします。

私と同じように苦手な食べ物が入っていて恵方巻きが食べられない!という方も多様性の時代ですから、代わりの太巻き的なもので恵方巻きチャレンジをしてみてはいかがですか?

この一年、みなさまが元気に過ごせますように。

タイトルとURLをコピーしました