アルガンオイルのブースター効果に注目!そのメカニズムと使い方を紹介

気になってきた美容のお話し

スポンサードリンク





美容に良いオイルとして人気のアルガンオイル

保湿だけでなく、ブースター効果があると言われていますよね。

「ブースター効果があるなんて素敵!」と思う反面、オイルというのは水分をはじく性質があるため、化粧水や乳液をはじいて吸収できないのでは?という疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなアルガンオイルのブースター効果について、そのメカニズムを解説しています。

また、アルガンオイルをブースターとして使う場合の使い方についても、詳しく紹介していますので、ぜひご参考にされてください。

 

アルガンオイルにブースター効果が!そのメカニズムは?

それではまず最初に、アルガンオイルにブースター効果があるかどうかですが、この答えは概ねYESです。

そもそもブースターというのは、効果を「底上げする」「後押しする」というような意味があります。

一般的なオイルを想像すると、化粧水や乳液などの水分をはじいて吸収を抑制してしまう気もしてしまいます。

ここでは、アルガンオイルにブースター効果があるとされるポイントを、以下に一つずつ紹介していきます。

 

オイルでお肌をやわらかく

オイルブースターの最大の特徴&メリットは、お肌がやわらかくなることです。

スキンケアをする前にお肌が柔らかくなることで、硬いままのお肌よりも仕上がりがもちもちっとするようになります。

またお肌が柔らかくなるということは、毛穴も開いているということなので、いつもよりも深くまで栄養分が浸透しやすくなるとも言われています。

これについては諸説あり、オイルが栄養分を乗せて浸透するという話もあります。

 

スキンケアをしやすい土台づくり

お肌がやわらかくなることによって、スキンケアをする上で、なじみやすい土台づくりができるのではないかとも言われています。

本来、水よりも油のほうが肌なじみが良いので、最初にオイルを入れておくことでお肌の準備ができているという感覚なんですね。

絶対的に底上げできる!というわけでもありませんが、少なくとも、あるとないとでは違いが出てくるのは間違いないでしょう。

 

はじかない訳ではない

とはいえやはり、アルガンオイルは油なわけですから、水分をはじく性質というのはどうしてもついて回ります。

ただ、お肌に浸透させないようブロックしてしまうか?というと、そういうわけでもなく、ある程度ははじいてしまうこともあるけれど、それ以上に良い効果が勝るというのが、今分かっているアルガンオイルのブースター効果というわけなのです。

ですので、オイルが化粧水をはじいてしまってお肌に栄養が入らない!というのは間違いではありませんが、乾燥した肌に化粧水を入れるよりは、アルガンオイルを使用後の方が効果的に本来の力を引き出してあげることができると考えられます。

 

アルガンオイルのテクスチャー

オイルというと、ベタっとしたイメージが強いかもしれませんが、アルガンオイルはなじませるとサラッとしたテクスチャーへと変化します。

そもそもブースターの役割に使えるオイルはさほど多くなく、その中でもアルガンオイルは1、2を争うほどに美容業界でも人気のオイルなんですね。

スキンケアにおいて、油でベタベタしてしまうと気持ちが悪いだけではなく、化粧をする際にも邪魔になってしまいます。

スポンサードリンク

その点からも、アルガンオイルはブースターとして使うのに最適のオイルであるといえるのではないでしょうか。

 

油分が足りないスキンケア

そもそもお肌のスキンケアをするにあたって、油分不足になっている人がとても多いということをご存知でしょうか?

化粧水や美容液などをいくら一生懸命塗りたくったとしても、油分でしっかり蓋をしてあげないとすぐに乾燥していってしまいます。

ですので、本来後から塗るものほど油分が多く、もったりとしたテクスチャーになっていることが多いですよね。

そんな中、アルガンオイルをブースターとしてスキンケアに取り入れることによって、本来不足してしまう油分をしっかりと取り入れることができるのです。

 

結果としてアルガンオイルをブースターに使うことで、さまざまな利点が発生することが分かりましたね。

もちろんデメリットが一切ないわけではありませんが、それを補って有り余るメリットがあるので、結果としてブースターにアルガンオイルを使う人が増えているのでしょうね。

 

アルガンオイルのブースターとしての使い方

アルガンオイルをブーブターとして使う場合、具体的にどのように使えば良いのか、その使い方を紹介していきます。

スキンケアの方法は人それぞれだと思いますが、基本的にはこの2点を守っていれば問題ありません。

[aside type=”normal”]

  1. 洗顔のあと
  2. 化粧水の前

[/aside]

その量は諸説ありますが、数滴~多くても100円程度を目安に1回分として使うと良いでしょう。

朝は化粧をするので数滴で、夜はお肌のゴールデンタイムもあるので多めに…というような使い方も良いですね。

[aside type=”normal”]

  1. 手のひらで人肌くらいまで温めて、大きな円を描くように顔全体になじませていきます。
  2. とくに乾燥しやすいところを重点的に、肌になじんでベタつきがなくなるくらいまでゆっくりマッサージするように。
  3. だんだんとお肌になじんで、摩擦が発生するようになるとダメージを与えてしまうのでストップ

[/aside]

これだけで、いつもよりお肌がしっとり&やわらかく&もっちもちになっているのが実感できるかと思います。

そのあと化粧水や美容液などを塗布し、最後にクリームや乳液で蓋をしてあげるという順番です。

どうですか?とっても簡単でしょう?

ちなみにアルガンオイルには、抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれているため、アンチエンジングの効果も期待できます。

保湿作用・アンチエイジング作用・お肌をやわらかくする効果など、アルガンオイルの効果だけを見ても、あるとないでは大きく違いが出てくることは明確ですね。

アルガンオイルのスキンケアにおけるブースター効果を、ぜひ体感してみてくださいね。

 

まとめ

早速アルガンオイルを使ってみたくてうずうずしてきませんか(笑)?

最近ではアルガンオイルを配合したクリームなども販売されていますし、顔だけではなく全身のお肌や髪・食用としてもアルガンオイルは使用することができます。

できるだけ純度の高い(100%がおすすめ)ものを使うようにして、通販などでお値打ちなものを購入する際は粗悪品に注意してください。

アルガンオイルはメリットの多い魅力的なオイルですが、もちろん万人の肌に合うということではありません。

最初は小さ目のボトルを購入して、自分に合うのかどうかをしっかりと見極めてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました