ココアの驚くべき効果・効能!インフルエンザ予防など健康効果を解説

健康・病気のアレコレ

スポンサードリンク





ココア健康飲料で、身体に良いっていうのは聞いた事がある人も多いでしょう。

私自身もココア大好きで、ほぼ毎朝飲んでいます。

 

当初は、毎日カロリーを気にしながら、でも「やめられませんっ!」という感じで、

ちょっと罪悪感を抱きながら飲んでたんですよ(笑)。

ですが、今では、晴れて堂々と飲んでいます。

というのも、

ココアにはすごい効能・効果があると知ったからです!

あなたにもぜひ知っていただきたい、ココアの効果・効能をご紹介していきます。

 

Sponsored Links




ココアの効能・効果

早速、ココアの効能を一覧にまとめてみましたよ!

まずは、さら~っと見て頂いて、ほどほどに驚いてください。

そのあと、さらに驚いていただきますので(笑)。

  • 生活習慣病に良い
  • 抗インフルエンザ作用
  • 風邪やインフルエンザ予防に有効
  • 虫歯予防効果
  • 胃炎、胃がんの予防効果
  • 体臭、便臭の抑制効果

 

いかがですか?

想像以上だったのではないでしょうか。

虫歯予防なんて特に、逆に虫歯になりそうなイメージすらしますよね。

どうしてここまでココアが身体に良いとされるのか、次の章で解説します。

 

ココアが身体に良い理由

上の一覧を見て、「本当なの?」とちょっと疑った方も多いかもしれませんね(笑)。

例えば、インフルエンザやガンの予防と言われても、

ココアに含まれるどんな成分が働いて、そんな効果が得られるの?と、不思議に思いますよね。

それを納得していただくために、以下に解説していきます♪

 

生活習慣病に有効

生活習慣病とは、高血圧・糖尿病などなど、

食生活や運動習慣、喫煙、飲酒などの生活習慣によって引き起こされる病気をまとめて、こう呼ぶのですが・・・

 

ココアに含まれる、テオブロミンという成分に、毛細血管を広げる作用があります。

結果、血流をよくし血圧を安定させる効果が得られるわけです。

さらにココアは、食物繊維のリグニンを含んでいて、腸内の老廃物の排泄を助けてくれます。

その結果、心臓病や高血圧の予防にも有効ですし、動脈硬化を防ぐ善玉コレステロールを高める作用もあって、脳血栓の予防にもなると言われています。

しかもなんと!

 テオブロミンはココアにしか含まれない成分

これだけ聞いただけでも、「ココア、定期的に飲んでみよう♪」って気になりませんか?

 

風邪・インフルエンザに効く

インフルエンザ流行のニュースが流れると

イヤだなぁ~…感染したくないな~…と思いますよね。

特に、小さいお子様がいる家庭では心配も倍増!!

ウチも幼稚園児と小学生がいますので、それぞれの学校で感染者が出るとドキドキします(><)

そんなインフルエンザにもココアが有効だと言われているのです。

009646

 

「インフルエンザ予防にココアが効果的である」というのは、森永製菓の研究所が発表済みで、

簡単に言うと、

”ヒト臨床試験”の結果、自然免疫・NK活性の上昇がココアを飲むことで認められたということです。

免疫力が高まるというのは良く聞く言葉ですが、NK活性って?となりますよね。

これ以上掘り下げると、専門的でより分かりにくくなるので、割愛させていただいて…(;’∀’)

簡単に言うと、

【NK活性が上昇する=より高い予防効果が期待できる】ということなんだそうです。

インフルエンザは外出時に感染することが多いことから、帰宅して、まずは手洗い・うがいは忘れずに。

その後に、感染抑制効果のあるココアを摂取するといいそうですよ♪

 

ココアのカフェイン含有量

 

ただ一つ気になるのは、ココアにもカフェインが含まれるということ。

なので、小さな子供にココアを飲ませるのはどうなの?という方も多いと思います。

妊婦さんなんかも気になるところですよね。

スポンサードリンク

ココアのカフェインについては、

こちら(⇒ココアのカフェイン含有量は?妊婦や幼児にも大丈夫?)

で詳しく解説しています。

簡単に言ってしまうと、「気にするほどのカフェイン量ではない」という結論なのですが、

心配な方は、参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored Links




 虫歯予防効果

022554

 

ココアに虫歯予防効果!?

これが一番意外な効果かもしれません。

【ココア=甘い=虫歯になる】というイメージが強いと思うのですが、実は逆なのか…。

緑茶やウーロン茶に虫歯予防効果があることは結構知られているんですが、

なんとココアには、それ以上の効果があると言われています。

ここで有効なのは、ココアに含まれるカカオ成分!

虫歯菌を抑える効果だけでなく

虫歯になった後、その進行を抑える効果もあるんですって。

素晴らし過ぎます(*^^)v

 

胃炎・胃がんの予防効果

038927

 

最近、良く聞く「ピロリ菌」という言葉。

日本では成人の7割がこのピロリ菌に感染しているとか。

ピロリ菌は胃の中に住みついて、胃炎や胃がんを引き起こす恐るべき菌。

これをやっつけてくれるのがココア!

厳密に言えば、ココアに含まれるポリフェノールと、不飽和脂肪酸 オレイン酸やリノール酸。

これらには、ピロリ菌を殺傷する作用があるのです。

つまりココアには、ピロリ菌が胃に付着するのを防ぎ、菌の膜を破壊してピロリ菌を殺してくれるという素晴らしい効果が!

 

もしかして、「ポリフェノールだったワインの方が多く含まれるんじゃないの?」と思いましたか?

 

ココアに含まれるカカオは、ポリフェノール+オレイン酸やリノール酸の相乗効果によって一層の殺菌効果をもたらしてくれます。

つまり、ココアが最強なんです(。-`ω´-)キッパリ!

 

ママ必見情報!

 

さらに、ママ達に是非知っておいて頂きたいことが。

「ピロリ菌」は5歳までに感染して、それ以降は感染しにくいとされています。

ということは、5歳までにココアを飲む習慣をつけていれば、ピロリ菌に感染しにくくなるということ。

「じゃぁ、いつから飲ませればいいの?」と言われれば、答えは1歳です!!

1歳頃から、薄めたココアを飲ませるといいそうですよ♪

 

体臭・便臭の抑制効果

008187

体臭にも効果があるなんてウソでしょ!

と、ここまで読んで頂いてココアパワーを知ったあなたなら、そんな疑いは消えているはず(笑)。

体臭には、ココアのどんな成分が効果的とされているか!?

それはずばり、リグニンです。

リグニンは、腸内で発生した食物の分解ガスを吸収して、便と共に排出してくれます。

動物性タンパク質の食物の分解ガスって、本当に臭いですって!!

ですが、リグニンで吸収された形で排便する場合、ニオイはそこまでひどくないとか。

ちなみに、ポリフェノールも消臭効果があるので、ココアが体臭に効果的だというのも納得ですね。

 

まだまだあるココア効果

いかがでしたか?

想像以上のスゴイ効果・効能に驚きませんでした?

他にも美肌効果やダイエットなどの美容効果にも期待できます。

→ココアの効果!美肌やダイエットにも

色んな予防効果もあってスゴイのですが、私がココアを飲む最大の理由は、やっぱりリラックス効果かなと。

ココアに含まれるテオブロミンは、癒し物質セロトニンを誘導し、リラックス効果を発揮してくれます。

ココアを飲んで、ホッと一息つく時間。

これが、育児に追われる私のやすらぎ時間♪

一息つけて、かつ身体に良い色んな効果もある!

ココアって本当に嬉しい飲み物です。

ちなみに、ココアの学名はテオブロマカカオ。

テオブロマとはギリシャ語で「神々の食べ物」という意味なんですよ!

それもなんだか素敵でしょ☆⌒(*^∇゜)v

 

Sponsored Links




タイトルとURLをコピーしました