ココアのカフェインはどれくらい?妊娠・授乳中・子供にも大丈夫?

食べ物&飲み物

スポンサードリンク





ココアにもカフェインが含まれていることは、ここ最近ではよく知られる話になりましたね。

ココアにもカフェインが含まれる!

そうなると気になるのは、ココアのカフェイン含有量

また、妊娠中や授乳中、子供(幼児)は飲まない方が良いのか?もしくは問題ないのか?

そして、ココアに似た?ものでミロ(Nestle)がありますよね。

こちらはどうなのか?ココアとの違いは何なのか?

ここでは、これらの気になるココア情報をまとめています。

 

ココアのカフェイン含有量はどれくらい?

結論から言うと、ココアに含まれるカフェインの量はすごく少なくて、100mlあたり10mg未満と言われています。

例えば、

  • コーヒー:100mlあたり60mg~100mg
  • 紅茶:100mlあたり30mg

なので、

比べてみると、ココアのカフェイン含有量はかなり低いと言えます。

ですので、ココアを飲む際には、カフェインを意識する必要はない!

そこまで神経質に考えることはない!と言われているのが現状です。

が、、、

カフェインって、身体にすごく作用しますよね。

例えばこんな作用↓

  • 眠気を覚まし(覚醒作用)
  • 総合感冒薬や頭痛薬などにも配合されています(鎮痛作用)
  • 基礎代謝を高めて脂肪を燃焼させる効果(ダイエット)

 

本当にすべての人に問題はないの?

とくに幼児や妊婦さん・子供など、免疫力の弱い人には?

というわけで、次に続きます。

 

スポンサードリンク

ココアのカフェイン!妊婦中や授乳中の方、子供(幼児)への影響は?

例え少量でも「カフェインが入っています」と言われれば、やっぱり幼児には良くないんじゃない?

妊婦さんや授乳中のママにはどうなの?と心配になりますよね。

そんな疑問を以下で解決していきますね。

 

ココアのカフェイン 妊娠中の妊婦さん&授乳中のママにも大丈夫?

妊娠中の妊婦さんは「出来るだけカフェインを接種しないように」と一般的に言われています。

これは、妊婦さんの身体に取り入れられたカフェインは、胎盤を通して赤ちゃんに届いてしまうからです。

お腹の赤ちゃんは肝臓が未発達で、大人のようにカフェインをうまく体外に排出できない恐れがあります。

ではやはり、妊婦さんはココアを飲まない方がいいのね。

と思う方も多いのですが、

上でも述べたように、コーヒーに比べるとココアのカフェイン含有量は低く、お腹の赤ちゃんに届く量はさらに超微量。

ですので実際は、妊婦さんがココアを飲んでもさほど心配はないと言われています。

 

また、授乳中のママさんにも同じことが言えます。

ママの身体に入ったカフェインの1%前後が母乳に出るということ。

赤ちゃんの未熟な身体では、まだまだカフェインを消化し辛いので、やはり大量摂取はよくありません。

ですが、こちらもさほど神経質になる必要はなく、1日1杯程度のココアなら問題はないと言われていますのでご安心を♪

 

ちなみに、カフェインと言えば、緑茶はどうなの?

という方は、こちらの記事が参考になるかと思います。

⇒緑茶のカフェインはどれくらい?妊娠中の妊婦と緑茶の付き合い方!

 

※妊婦さんにも問題なくて良かった♪

というのも私、ココアがカフェインを含んでいることを当時知らなかったので、妊娠中もバンバン飲んでいました。

もちろん授乳中も^^;

子供3人はお陰さまで元気にすくすく育っていますので、それほど神経質になる必要はないようですね。

とは言え、カロリーもありますし、どちらにしても摂り過ぎは良くないでしょうから、くれぐれもほどほどに。

1日1杯を目安にしておくことをオススメします。

 

ココアのカフェイン 子供・幼児にはどう?

子供、特にまだ小さい幼児の頃などは、カフェインが気になりますよね。

まず知っておきたいのは、子供がカフェインを接種する場合の一番のリスクについて。

それは骨の健康を害するということ。

カフェインは、カルシウムの吸収を妨害して、利尿作用を促進させてしまいます。

ですので、幼児や思春期の子供たちが摂取すると、身体の成長に大きな障害を与えてしまうことになりかねないということ。

ただこれは、カフェインを毎日大量に接種した場合です。

カフェイン含有量の低いココアを、毎日1杯飲む程度なら心配はないので、こちらもご安心を♪

 

ココアは健康飲料でもある

ココアが「百害あって一利なし」の飲み物ならば・・・

また、ごく僅かでもリスクがあるならばやめておこう!

と考えますが、反面、ココアは健康飲料でもあるんですよね!

スポンサードリンク

 

まず、ココアは食物繊維が豊富です。

だから腸にいい・・・すなわち便秘にもいい♪

実際、ウチの子が便秘気味の時にココアを与えると、その日のうちに排便してくれることが多く、ちょっと便秘気味かな?という時には、ココアを飲ませるようにしています。

 

ココアのリスクとメリットを比べる

カフェインのリスクを考えると、私自身も子供に与えることに不安が全くないわけではありませんが、

ウチの場合は、そのリスクよりもココアの効能によるメリットの方が大きいので、これからも飲ませるつもりです。

ちなみにココアの効能としては他にも色々あります。

特に子供に嬉しいのは、

  • 風邪やインフルエンザ予防
  • 虫歯予防効果

 

どちらかと言うと、ココアで虫歯になることを恐れてしまいませんか?

実は「虫歯予防効果」があるなんて驚きですよね。

もっと詳しくココアの効果・効能を知りたい方は、こちらの記事もどうぞ♪

>ココアの効果・効能!美肌やダイエット効果も

>ココアは健康効果もスゴイ!インフルエンザ予防にも

ミルクココアよりも純ココアがオススメ!

上の効能を効果的に受けようと思うと、ミルクココアよりも、純ココアがオススメです!!

ミルクココアは一般的に調整ココアと呼ばれ、ココアパウダーの他にも、砂糖・食塩・香料などなど、色んなものが含まれますが、純ココアは、100%ピュアなココアパウダーです。

スーパーでも「純ココア」として売られているので、簡単に手に入りますよ♪

ただ、純ココアは全然甘くなく、どちらかと言うと苦いので、そのままお湯で薄めるだけでは飲みにくいです・・大人でも。

ですので、牛乳に混ぜたり、少量の砂糖を足したりすると飲みやすくなります。

クッキーやケーキ作りの際に、純ココアを投入するのも良いですね。

 

ココアとMIRO(ミロ)の違いとは!実は妊婦さんにもオススメ

MIRO(ミロ)=子供用のココア

私はずっとそう思っていたのですが、調べてみると、全然違うんですね。

私と同じように誤解している方の為に、MIRO(ミロ)とココアの違いを簡単に説明しておきます。

そもそもMIROは、ココアではありません!

主成分が違います!!

ミルクココアは、ココアパウダーを主に、砂糖・乳製品などを加えたもの。
MIROは、麦芽エキスを主成分としている麦芽飲料で、麦芽エキスに7つの栄養素(ビタミン、カルシウム、鉄分等)をプラスしたココア風味の麦芽飲料。

また、ココアはお湯で溶いて飲むことができますが、MIROは牛乳で溶くように出来ています。

試しにお湯で溶いてみましたが、まずくて飲めませんでした(笑)

ですが、MIROにはカルシウムや鉄分など、特に妊婦さんに必要な成分が含まれていますので、妊婦さんは意識してMIROを飲まれている方も多いようですよ^^

 

ココアのカフェイン あなたの判断は?

上でもお話ししてきたように、ココアはカフェインを少量ですが含みます。

私は、そもそもココア大好き人間なので、断然ココア贔屓(びいき)なので、ココアの効能に重きを置き、期待したいと思いますが、

カフェイン含有のリスクを重くみるか、効能の方を重くみるか・・・

こればかりは、それぞれの体質や考えにもよりますので、判断はあなたにお任せしますね♪

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました