東大寺の大仏さま!大きさ・高さ・名前・歴史や作り方などの大仏雑学

言葉の意味・雑学アレコレ

スポンサードリンク





東大寺の大仏さま

「修学旅行で見たよ♪」もしくは、「修学旅行で見に行く予定だよ!」って方も多いことでしょう。

実際に見た!という方はご存知でしょうが、東大寺の大仏さま、かなり大きいです。

大昔にこの大きさの仏像がどうやって作られたのか。

また、こんなに大きい仏像を作った理由についても気になるところです。

ここでは、東大寺の大仏様の大きさや歴史、作り方などなど、わかりやすく解説していきます。

 

東大寺の大仏さま 驚くべき大きさ&高さ!

まずは東大寺の大仏様のその大きさから紹介します。

大仏さまの高さ:約15m

(およそビル4~5階の大きさ)

重さ:約250㌧

2リットルペットボトルでおよそ12万5千本ほど)

 

この数字だけで、「デカイッ!&重いっ!」ということがお分かりいただけるかと思います。

今の時代だからこそ、「へぇ~大きいんだね~」という感想で終わる人も多いでしょうが、

想像してみてください!!

この大きさの大仏様が、約1300年前からこの場所に鎮座されている・・・

これがいかにスゴイことかを。

(感動は以下に続く…)

 

東大寺の大仏様の歴史 大きさには理由がある

東大寺(大仏を含む)は、奈良時代聖武(しょうむ)天皇が、仏教の教えを元に、国を守るために建てたお寺です。

正倉院のお宝を見てもわかるように、当時、かなり華やかな時代ではあったものの、政治的な争い・干ばつ・飢きん・凶作・地震・天然痘(てんねんとう)の大流行などなど、厳しい時代でもありました。

そこで、聖武天皇が仏教の根本経典といわれる「華厳経(けごんきょう)」の考えを政治の中心に据え、人々が想いやりの精神を持てるような政策に力を入れたそうです。

その「華厳経」の教えに、お釈迦様の身長を10倍にすることで宇宙を表現する】とが説かれています。

つまり、奈良(東大寺)の大仏さまは宇宙そのものを表現しているのです。

そんな大仏様は、745年に制作がはじまり752年に完成

便利な工具も機会も重機もないこの時代に、この大きさの仏像を造ったことに、まずは感動しませんか?

そして次に思うのは、

どうやってこんな大きな大仏さんを造ったの?」ということでしょう。

それは次の章で説明していますので、しばしお付き合いくださいませ。

 

東大寺の大仏様の名前

私たちは、気軽に「奈良の大仏」とか「東大寺の大仏さん」とか呼んでますが、実は盧舎那仏(るしゃなぶつ)】というお名前が本名です。

ちなみに、東大寺にも【金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてら)】という、難しい正式名称があるんです。

この辺りは、地元民の私もなかなか覚えられませんが(;’∀’)

 

東大寺の大仏さまの修復

この奈良の大仏さまは、残念なことに、幾度となく戦いに巻き込まれ、実は何度も燃えてしまっているのです。

ですので、何度も修復されて現在の姿になっています。

「な~んだ!全部新しいのかぁ~…」と残念がらないでください!!

それでも、奈良時代から残ってる部分もあります。

それは、台座とひざ頭の一部!

実際に大仏さまを観に行く際には、台座とひざ頭の一部に注目して、歴史を感じてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

奈良の大仏さまの作り方

上でもお話ししましたが、東大寺の大仏さまが建立されたのは8世紀。

今のように便利な機会もない時代。

こんな巨大な大仏さまはどうやって造られたのでしょうか?

その行程の手順をご紹介します。

①木材で骨組みを組む。

②木・縄・粘土を使って輪郭(りんかく)を整える。

③原型の外周に粘土で鋳型(いがた)を作る。

※鋳型とは、溶かした金属を注ぎ入れる型のこと。

型持(かたもたせ)を填(は)め込んで隙間をつくる。

※型持とは、外側と内側を保つための支え。

⑤鋳型との隙間に銅を流し込んで鋳造(ちゅうぞう)する。

⑥周囲の盛り土を高くしながら、③~⑤の作業を8回に分けて行う。

外側を崩すと…じゃじゃ~ん!大仏様が出現!

⑧同じように台座を鋳造(ちゅうぞう)

⑨台座の蓮弁(れんべん)に彫刻

※蓮弁とは、蓮の花びらのことで、仏様の浄土に咲いている花と同じと信じられています。

⑩大仏様に金を塗って完成~♪

(参考:華厳宗大本山 東大寺 公式ホームページ)

スポンサードリンク

 

東大寺の大仏さま雑学

歴史や作り方がわかったところで、

この章では、知って得する?(であろう…)大仏雑学をいくつかご紹介します。

お友達や家族に雑学付きで説明できたら…大仏見学も楽しさ倍増ですよ♪

 

大仏様の頭のブツブツは何?

大仏さんの頭のぶつぶつは「螺髪(らほつ)」と言って、髪の毛を渦巻(うずまき)状に表現したものです。

パンチパーマも遠からずですね(笑)。

この螺髪は、仏の知恵の象徴で、東大寺の大仏さんには966個付けられています。

 

東大寺の大仏さまがもしも立ったら・・・

ご存知のように東大寺の大仏さんは座っておられます。

この大仏様がもしお立ちになったとしたら、その身長は想定30m!

マンションだと10階辺りに相当する高さです。

 

鎌倉の大仏さまとの違いは?

パッと見た目の違いで言えば、上の写真を見れば一目瞭然ですね。

鎌倉の大仏様は屋外に鎮座されています。

ただ、昔は大仏殿があったそうですけどね。

 

大きさの違い

奈良の大仏様は、高さ約14.7メートル。

鎌倉の大仏様は、高さ約11.39メートル。

奈良の大仏さまの方が少し大きいですね。

 

大仏さま自体の違い

そして一番大きな違いは、大仏さま自体の違い。

東大寺(奈良)の大仏さんは盧舎那仏(るしゃなぶつ)なのに対し、鎌倉の大仏さまは阿弥陀仏(あみだぶつ)なのです。

東大寺の大仏さま(廬舎那仏)は、上でもお話ししたように、華厳宗で宇宙の真理としての存在。

対して、鎌倉の大仏さま(阿弥陀仏)は、“他力本願”で大流行した『浄土真宗の本尊』で、釈迦に教えを説いた仏とされています。

 

建立された時期の違い

東大寺(奈良)は、天平勝宝4年(752年)【奈良時代】

鎌倉は、寛元元年(1243年)【鎌倉時代】

東大寺の大仏様の方が断然古いのですが、上でもお話ししたように、奈良の大仏さまは戦火で焼かれる度に再建されてきました。

鎌倉の大仏さんは、現在もほぼ造像当初の姿を保っていると言われています。

 

スポンサードリンク

東大寺の大仏様の魅力

なかなか言葉で表現するのは難しいのですが、その【大きさ・厳粛さ・自分の心の中を見透かされているかのような、凛とした静かなお顔】。

これが私が感じる最大の魅力です♪

 

大仏様の見え方

これは私の価値観なので、すべての人に当てはまるとは思いませんが、

小学生や中学生の頃に見る大仏さまと、少し歳を重ねてから見る大仏さまは、なんだか違うように感じます。

私もですね、小さい頃、遠足で行ったときには「ただデカイだけの仏像。何が楽しいの?」って思っていました…正直なところ。

それが、ある程度の年齢になると…

「なんだ!?なんなんだ!?この存在感とこの空気!!」

となり、以来すっかりハマってしまったのです。

 

さいごに この歌は知っておいて欲しい

東大寺の大仏様には、言葉で表現できない魅力があります!!

是非ぜひ、あなたにも訪れて頂いて、間近で見て頂きたい♪

そしてその際には、ここでお話した内容を参考にしていただいて、楽しんでいただければとても嬉しいです。

最後の最後に・・・

私の大好きな「大仏の歌」をご紹介しておきます。

お笑い芸人の「ますだおかだ」さんの増田さん作詞作曲の歌で、題名は「大仏なら・・・」♪

こちらもちょっとハマりますよ(笑)

大仏なら・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

スポンサードリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    凄い

  2. 匿名 より:

    学校の宿題に役立ちました!!
    ありがとうございますm(_ _)m

    • comachi0829 より:

      匿名さん♪
      嬉しいコメントありがとうね!
      宿題がんばって~( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧

  3. daibutuzukinosy より:

    べんきょうになりました

  4. 匿名希望 より:

    ありがとうございました。いいね!

  5. makaronn より:

    学校の宿題に役立ちました。
    修学旅行でも行くので、この記事に書いてある事を身につけて楽しんで来ます❗
    (≧▽≦)ノありがとございました!(*- -)(*_ _)ペコリ

  6. 小学6年生 より:

    勉強に役立ちました

  7. 小学6年 より:

    修学旅行前のまとめが出たのでとても役立ちました
    ありがとうございます

  8. 6年生(・ω・) より:

     修学旅行記に役立ちそうです!いい勉強になりました\(・∀・)/

タイトルとURLをコピーしました